レーシック失敗による近視の戻り

角膜をレーザーで切除する屈折矯正を、レーシック手術により行った場合、しばらくして視力が元の近視に戻る場合があり、この場合を「近視の戻り」といいます。
これは切除した角膜が治る過程で、角膜上皮が厚くなりますので、光の屈折変化を起こすことから発生するものです。

レーシックでは角膜の再生能力のない、角膜実質層という部分をレーザー照射で切除するため、近視の戻りは少ないといわれていますが、稀には発生する場合もありますので、その場合は角膜の表面を薄く削り作るフラップ(ふた)を、再びめくって再手術をする場合があります。

このように稀に起こる再手術だからと言って、決してレーシックの失敗と言う事ではなく、角膜の再生能力による影響と捉えます。近視の戻りは手術後約3ケ月〜1年程度で、少しずつ自覚症状が発生し、徐々に視力が元の状態に戻るようです。

近視の戻りはそう多くは起きないようですが、可能性がゼロと言う訳ではありませんので、レーシックだけではなくPRKエビレーシックなどの、屈折矯正手術を受ける際のリスクと考えておく必要があり、失敗で起きる症状ではないことを理解しておく事です。

レーシックでの視力回復を徹底分析
posted by ピータン1号 at 12:40 | レーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。