レーシックで失敗しないために

最近ではレーシック治療を受ける芸能人やスポーツ選手も多くいるため、一般の人たちの間ににも受け入れられるようになってきました。
しかしレーシック手術は直接自分の目にレーザーメスを当てますので、受ける側としては失敗の恐怖感も付きまとうのも当然です。
レーシック手術は事前検査を入念に行い、その検査結果をもとに医師が納得いくまで説明をしてくれますので、ある程度の恐怖感は取り除くことも可能です。

レーシック手術は全ての人が適合する訳ではなく、検査の結果によっては不適合となる人もいます。これはレーシック手術を行っても回復効果が見込めない場合や、体質的にレーシック手術に角膜などが耐えられない場合など、様々なケースがありますが、これらを押してまでも無理に手術をすることはありません。
ただし経験の浅い医師などの場合、的確な判断ができない場合も想定されますので、クリニックを選ぶ場合は実績と信頼は外せない要件です。

レーシックは不適合の場合や患者の納得が得られない場合、無理をしてまでの手術は医師の方で断るようですので、基本的にレーシック手術を受ける場合は適合した場合ですので、失敗することは極めて低い確率です。
しかしレーシック手術後の副作用についてはいろいろと報告されているようで、これを失敗例と呼ぶかどうかは判断の分かれるところです。
いづれにしても視力の悪化を放置するのか、レーシックにより回復を図るのかは、最終的には自分で判断する事になります。

レーシック手術の失敗や失明の噂

posted by ピータン1号 at 14:32 | レーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。